犬の褒め方に注意が必要です。

犬の褒め方に注意が必要です。

『褒めて伸ばす』ってよく聞きますね。
人間の子供を育てる時によく言われる方法です。
実は、犬に対してもすごく効果的な方法なんだそうです。

追記:科学的に証明に照明されたようです。
ヤフーニュースヘッドライン

犬も、褒めてやることで「あ、これはいいんだな」とわかるわけなんだそうですが、
私は、いくらやってもうまくいかないんです。

おりこうさんにした後に、頭をなでたり、お腹をさすったりしても
どうも効果があまり感じられないんですね。

遠藤さんのDVDを見てまず印象に残ったのはこの点です。
そう、いつ褒めるべきなのかが大事なんですね。

結論は、
私褒めすぎなんです!

しょっちゅう褒めるからダメなんです。
たしかに、トイレを決まったところでしたり、ご飯時の待てをした後で、
おりこうさんってかわいがってるんですが、
実は、なにもない時も褒めてるんですね。

なんでも犬の頭をよしよししても犬は喜んでないみたいです。
人間の子供がそうなので勘違いしがちのようです。

あまり普段から「かわいー、よしよし」すると、
犬から見て、自分にたいして人間が媚びてるとしか思えないだそうです。
だから、ちょっとおりこうにした時に褒められても、
「なんだこいつ」
ぐらいにしか思われないことになるんですね。

いままで大変な誤解をしていたみたいです。
褒める時はしっかり褒める。
そうでない時は、褒めない

そういうメリハリが犬のしつけには大事だと知りました。



まだまだたくさんある目から鱗のしつけ法はコチラ

↓↓↓↓↓↓

btn.jpg
posted by 遠藤和博 at 11:54 | 日記
スクスクのっぽくん タオバオ代行
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。